西日本の野菜の特徴やおいしい理由

 

西日本の野菜がおいしい理由としては、瀬戸内海沿いを中心にして温暖で晴れの日が多いために、作物を育てるための環境に恵まれていることが挙げられます。寒さが厳しい場所はわずかしかなく、日本海側を除けば積雪量も非常に少なくなっています。瀬戸内海に囲まれた温暖な地域では、産地が東西に幅広くなる特徴もあります。

 

四国地方も西日本を代表する野菜の大産地で、温暖な気候を活かして寒さに弱い作物が盛んに生産されています。高知県ではショウガとミョウガの生産量が日本一となり、全国へ向けて出荷されています。生産量が多いだけでなく、品質の高さも評価されています。高知県ではナスの生産量も日本一で、促成栽培の技術も進んでいます。冬の季節でも高知産のナスが全国のスーパーに並ぶようになったのも、優れた栽培技術のおかげです。

 

九州地方も西日本にとって重要な産地となり、他の地域と同様に温暖な気候に恵まれています。佐賀県特産の玉ねぎは甘みが強いのが特徴で、サラダにして食べると絶品の美味しさです。宮崎県ではキュウリとピーマンの生産が盛んなのも、日照時間の長さや温暖な気候に恵まれているためです。宮崎県の隣りの鹿児島県では、火山性の土壌で桜島大根が生産されていることも有名です。

 

人気にんにくサプリ


更新履歴